2008年3月13日から24日までニューヨークの日本倶楽部で、在ニューヨーク日本国総領事館後援のもと「めぐみちゃんと家族のメッセージ〜横田滋展〜」を開催しました。
前日のオープニングレセプションでは、写真展に向けた横田夫妻のビデオメッセージが流され、あさがおの会より「この写真展を通して深刻なこの人権問題を身近に感じてほしい。世界中の方々に拉致のことを知ってもらい、1日も早く、めぐみさんを救いたい」と出席者に協力を求めました。
また、写真展には、家族連れで訪れる人も多く、事件の早期解決を望むことに親子両世代で共感を呼んでいました。

この映像をご覧いただくためには
Adobe Flash Player 9 以降が必要です。 ダウンロード


1 宮城県 40代 女性
何年も耐えてきているご両親に、何か出来ることは無いのかと、いつもいつも思ってきました。TVで「関心を持っていただきたい。」と言われていましたが、傍観しているだけでは絶対だめだと、この写真をみて感じました。何ができるのでしょうか?沢山の方が同じ気持の筈です。私は辛くて最後まで写真を見られませんでした。何が力となり結実しますか?大勢の方が同じ気持の筈です。

2 埼玉県 60代〜 男性
一昨日、川崎で写真展を拝見させていただきました。愛らしいめぐみちゃんの写真に、わが子の同年のころのイメージが重なり、ご両親の胸中を思うと、声も出ず・・・見させていただきました。正直のところ、わざわざ川崎まで出向いて見たところで、自分には何もできないだろうと逡巡がありましたが、『行って良かった』です。世論を盛り上げて政府に迫るしかありませんが、頑張りましょう。

3 神奈川 20代 女性
神奈川県に住む大学生です。写真展には実際に行くことはできませんでしたが今回ホームページの方で詳しい説明とともに見させていただきました。とても素敵な写真ばかりで、横田めぐみさんが本当にごく普通の家族の、大切に育てられた一人の女の子だったということがわかりました。本当に一刻もはやく、北朝鮮から帰ってこられることを祈っています。周りの友人や家族にもこの写真について話をしたいと思います。これからも是非この活動を続けていってください。どうもありがとうございました。

4 愛知 30代 女性
昨年公開されました映画も中学生になった息子と拝見いたしました。気丈に活動されてますご夫妻には 本当に心痛みます。自分の母とどうしても重なります。どうぞ一日も早くめぐみさんが帰ってこられますよう心から祈ってます。平穏な毎日がこんなにも有難いと思わなければならない、非人道的な許されない犯罪を 政府は黙認し続け、長期間 何の罪もないご家族や周りの方が、耐えなければいけないものなのでしょうか。なんの力もありませんが、何かできることありましたら、お知らせください。

5 韓国 40代 女性
韓国に住んでいます。夫は韓国人で日本で知り合い結婚し15年が過ぎました。私のように選んでここに来た者でも言葉にできないくらいの寂しさやつらさに気が狂いそうになりました。めぐみさんのことを知ってからは北朝鮮が目の前に見えるところに行って何度もお祈りしました。こんなに近くにいるのに助けてあげられないなんてとやりきれなくなって帰ってきます。でも必ず会えるときが来ると信じています。どうぞお体に御気をつけてめぐみさんがお帰りになる日まで。

6 千葉 30代 女性
拉致の問題が明らかになって、長い時間が経っています。帰国出来た方々もいらっしゃいますが、まだまだ帰れないままの人がきっと大勢います。一人一人の被害者の方にはそれぞれご家族があり、悲痛な気持ちで待ち続けていると思います。私にも子供がおりますので時々想像してしまします、もし我が子がそんな恐ろしい事になったらと。政府は国民を助けてください。国民を守ってください。お願いします。

7 米国 50代 女性
あなた方の話は私の心を捉えました。あなた方は何と心優しく勇敢な親なのでしょう。私はあなた方家族のために祈り続けます。めぐみが直ぐに家に帰れることを願っています。願いを込めて、米国オハイオの母より

8 東京 60代〜 男性
これを見た私の仕事は『このページを口コミにて皆に知らせよう!』そして本当に理解する事とは?を少ない人数でも話し合っていこう!と思っています。

9 神奈川 20代 女性
今日、写真展を見てきました。前に一度早紀江さんと同じバスに乗合わせたことがあり、他人事のように思えずニュース等を見ています。私個人が国や政府を動かすことはできないけど、小さな力が集まれば大きな原動力になると思いました。気持ち程度ですが、募金をさせていただきました。なにかのお役にたてればと思います。募金の際にいただいた「青いリボン」は携帯に付けました。これからも、頑張ってください。かげながら応援しています。

10 北海道 50代 女性
こちらの会のことを、有田芳生氏のブログで知りましてHPにお邪魔致しました。横田さん夫妻の住むマンションのご有志がこういう活動をして下さっていた…ああ、よかったなぁというのが最初の感想でした。ご夫妻はどんなに疲れて、苦しいことでしょう。昔と違って今は、世の中には拉致被害者とそのご家族に同情し、ともに戦う人も多くなりました。それでも、一歩マンションのドアを開けて世間に出て行くその時に、同じマンションの中に何かしてくれている人たちがいるのと、いないのでは気持ちが全然違うと思います。ご夫妻がマンションの有志の方々にどんなに勇気付けられているかと思います。自分も小さいことしかできなくても、何か動きを続けなくては、と改めて思いました。

11 米国 30代 女性
あなたの娘が、今どこかで生きていらしゃって、そして無事に帰ってくることをお祈りしています、どうかこの思いを受けとってください。私は今日ニューヨークで映画"Abduction"を見て涙を誘われました。あなたが孫娘を訪ねることが出来て、そして日本であなた方と一緒に暮らせるようになることも願っています。この映画上映会開催中に寄付をしましたので助けになれば幸いです。それと、あなたの健康が問題になっていると聞きました。めぐみさんがあなたのもとに戻ったとき楽しく過ごすためにも、くれぐれも無理をなさらずご自愛ください。

12 茨城 40代 女性
可愛らしいお写真拝見させて頂きました。めぐみさんとは、年齢も近いので、お父様やお母様のお気持ち、また、日本に戻りたいであろうめぐみさんのお気持ちを考えますと、涙がこみ上げて来ます。めぐみさんはきっとお元気に生きておられると思います。そして、一日も早く元気に日本にお帰りになりますよう祈念いたします。めぐみさんのお父様お母様どうぞ、お体を大切になさって下さい。

13 米国 30代 男性
あさがお会の皆さんへ。 私たちは最近、ウェブサイトで写真展を見る機会がありました。娘の誘拐前後のこの美しい家族の人生を伝えたあなた方とそのご苦労を労(ねぎら)いたいと思いました。それは、横田めぐみの問題の本質が何であるかを示しています。彼女のケース(他と同様に)は高度に政治問題化されていますが、問題の本質は再会するため家族が一所懸命努力している姿そのものであることは明らかです。私たちは横田さん家族に会う光栄に浴しました。そして、この家族が私たちがこれまでに会った人々の中で最も威厳があり尊敬すべき人々であると信じています。いつの日か彼らの話がハッピーエンドになることを望みましょう。この素晴らしい写真展を通じてそれを伝えられて感謝します。

14 千葉 10代 女性
こんにちは。私は、拉致された当時のめぐみさんより1つ上の中学2年です。写真を見ていて「めぐみさんは私達と同じごく普通の女の子なのに・・・」と涙が出てきました。そんな普通の女の子の夢、希望、幸せ、全てのものを奪っていった北朝鮮という国家が許せないです。横田ご夫妻様の大切な、大切な娘さんを突然連れ去られた悲しみは計り知れないものと思います。その悲しみが日本に広がり、そして世界へ広がり、大きな力になってめぐみさんが日本へ帰ってくる日が1日でも早くおとずれるように心から祈っています。横田ご夫妻、そして今も北朝鮮のどこかで生活を送っているめぐみさん、諦めないで頑張ってください。

15 広島 30代 男性
幸せな家族を身勝手な国家の「おもちゃ」にした北朝鮮が許せません。私にも子供がいますが、同じめにあったらと思うとご夫妻の苦悩ははかりしれないと思います。無責任な言い方かもしれませんが会えることを信じてこれからも頑張ってください。私はニュースでしか知らなくてこの写真展を拝見してあらためてご夫妻の愛情を感じました。人事と思っていた自分を恥ずかしく思います。心から応援します。

16 東京 40代 女性
大変痛く心に響きました。人事ではすまされません。私もほぼめぐみさんと世代がちかいので重くかんじます。こんなに命をかけて闘う両親に頭が下がる思いです。隣の国なのに、海の向こうなのに何もできないなんて変です!さきほど4chで北朝鮮の実映像TVをみて早くなんとか私でも何か力になれないのか苛立ちました。近所に朝鮮会館があります。親子の首席写真が玄関からみえます。そこに出向いても無駄なのでしょうか...何かできないのか考えてしまう。殺伐とした世の中に横田夫妻の親子の愛がどれほど深いものか見習ってほしいものです。めぐみさんは絶対、絶対生きてます!!早く返して欲しい誘拐された人を全員!!!早く!!!

17 米国 60代〜 男性
私達は6歳の孫娘がいます。私たちが撮った彼女の写真はまさにあなた方の娘めぐみさんがちょうどその歳の時の写真のようです。あなた方の写真を拝見すると、あなた方のめぐみさんの様に私達の孫がもし連れ去られたらどんな風に感じるだろうと想像させられます。私の心は激しく動揺します。民主化の目的はこの様なことが起きないようにすることであることは確かです。我々はまだ途上なのです。幸運をお祈りすると共にあなた方の夢が叶うよう願っています。

18 兵庫県 10代 女性
めぐみさんのお父さん・お母さんへ 元気を出して下さい。中学生の時にめぐみさんが拉致されたと私は、その事を知ってすごくビックリしました。私は19歳の高校生ですけど私は、めぐみさんは死んでないし絶対に生きているとずっと前から信じています。生きていなかったらお父さんもお母さんも悲しむと思います。そう考えていると私も悲しくなります。私は、めぐみさんが絶対に生きている事を信じています。だから私は絶対に信じています。めぐみさんが生きて帰って来る事を、願っています。そして、めぐみさんのお父さん・お母さん、勇気を出して、めぐみさんが無事に帰ってくる事を願ってください。私も生きている事を願います。これからもめぐみさんが無事に生きて帰って来る事の活動を頑張って下さい。私は心から応援します。絶対にめぐみさんは生きています。めぐみさんが無事に生きていますように。

19 北海道 50代 男性
私は、政府のこれまで拉致問題に関する政策に大きな不満を持っています。自国民が拉致されてもこの程度の措置しかとれないものなのか。しかも子供だった「めぐみ」さんは拉致されたときどのような恐怖と闘ってきたのだろうかと思うとき、この程度の措置しかとれない政府に大きな失望を抱かずにはいられません。最初から核問題に絡んでの制裁くらいはすべきであり、北朝鮮の対応によってはもっと強めていかなければならないと思います。それと世界中にこのことを発信していき、一刻も早い解決を目指すべきです。強く日本政府に要望するものです。

20 豪州 60代〜 女性
こんな恐ろしいことは起こってはならないことだし、何故日本政府は直ぐに行動を起こして彼女を取り戻さないのか理解できないと本当に思います。私達は神があなた方に彼女を救うために戦い続ける力をお与え下さいますようお祈りします。

21 神奈川 60代〜 男性
新聞、テレビで川崎市で「めぐみちゃん写真展」の開催を知り、今日妻と出かけました。会場に入った途端に胸が詰まり涙がこみ上げてきました。拉致被害者を支援したいと考えても、その機会がありません。この写真展を観ること、青いリボン・バッチをつけることが支援することだと思います。また、もうひとつ、この写真展をいじめで悩んでいる子供たちにぜひ観てもらいたいと思います。親が、周りがどんなに君たちを愛しんでいるか。めぐみちゃんは、自分の意思で失踪したのではありません。北朝鮮という国によって拉致されたのです。拉致された船の中でめぐみちゃんは「お父さん、お母さん助けて」と叫んだといいます。でもこの叫びは、そのときには親に聞こえなかったのです。いじめでどんなに苦しかろうと死んではなりません。親や周りは必ず君たちを助けます。めぐみちゃんの絶望を思いやるとき、君たちは勇気を持って生きるべきです。写真展の開催ありがとうございました。スタッフ、ボランティアの皆さんこれからも頑張ってください。この写真展を学校で必ず観てください。その機会をつくってください。

22 京都 40代 女性
京都での写真展を母と一緒に見せていただきました。私は昭和37年生まれです。私の父もよく写真を撮ってくれてめぐみさんの写真と同じような洋服、同じような状況の写真がたくさんあります。同じような子ども時代をすごしてこられたのに拉致という想像もしていなかったことが起こり、その後の人生を悲しみの中で生きてこられたご家族のことを思うと胸がつまり涙が止まりません。この写真展に「再会」というタイトルの写真が飾られる日が来ることを願います。何か私たちにもできることがあれば協力、応援させていただきたいです。

23 海外 30代 女性
拉致問題についての書籍を数冊読みました。自分自身が何もしていないし、全ての事情を理解している訳ではないので、政府を批判するのはフェアではないかもしれません。でも、横田ご夫妻のお子さんでなく、例えば政府要人のお子さんだったらどのような展開になっていただろうと考えると、政府の対北朝鮮外交に対する疑問が消えません。横田ご夫妻のこれまでの苦労やご心痛を思うと涙が止まりませんでした。日本を離れているため、日本の現状は分りませんが、国民の関心が一時より薄れているように思えてなりません。悲しい現実ですが、政府は国民の関心事には比較的行動を起こしてくれますが、そうでない場合、後回しになってしまいがちだと思います。国民の声を集めることが非常に重要だと思います。あさがおの会の皆さんのこのような活動を見て、非常に有難いと思いました。これからも是非頑張ってください。HPを見た方が参加出来るような活動もあるといいですね。インターネット署名とか?自分も何かお手伝いが出来ればいいのですが。

24 長野 20代 女性
アニメ「めぐみ」、今見終わったところです。本当に悲しくて、言いようがありません。何か横田ご夫妻に感想を申し上げたく、ここに辿り着きました。私は1度、日暮里のホームでお父様と同じ電車に乗り、向かいに座ったことがあります。でも何も言えず、ただ座っていることしかできませんでした。声をかけようにも拉致問題をただ知っているだけで、何もしていないし、「頑張ってください」なんて軽々しく言えませんでした。ごめんなさい。けれど「めぐみ」や写真を見て、本当にご夫妻の元へめぐみさんを返してあげたい。本当にそう思いました。ご夫妻の気持ち、めぐみさんの気持ち、御兄弟の気持ちを思うと胸が痛みます。どうか1日でも早い最良の解決を願っています。ありきたりな言葉ですが・・・。政府はもっともっと直接的に北朝鮮とコンタクトをとり、拉致被害者家族のもとへ1番願っているうれしい報告をしてほしい。足踏み状態が一体何年続くんですか。我々国民からはそう見えています。

25 北海道 20代 女性
たった今、アニメを見たものです。今日は私の誕生日です。21歳になりました。13歳のころを思い出しながら、拝見しました。 実際にどのようにして北朝鮮に連れて行かれたのかは、めぐみさん本人にしかわかりませんが、突然の別れ、しかも、両親との別れは悲しみではなく、恐怖だったと思います。13歳というまだまだ親に甘えたっていい年頃です。わたしは母が大好きです。何の前触れもなく、しかも言葉も通じない場所にいきなり連れて行かれたら、、、考えただけでぞっとします。この年になっても、恐怖を覚えるのだから、13歳のめぐみさんにとっては、とんでもないことだと思います。以前までは、ニュースで取り上げられているのを見て、大変なことだと知りながらもひとつの情報としてしか、記憶にとどめていませんでした。しかし、めぐみさんの気持ちに自分を置き換えて考えてみると、涙が止まりません。恐怖で心が見えなくなります。何か自分で役に立てることはないか。そう思い、このような手段をとりました。もし、何かあるのならば連絡をしてください。いつでも返事させてもらいます。

26 ポーランド 50代 男性
なんて酷い、本当に悲しむべきことでしょう、とても気の毒に思います。私には娘がおり、痛みが分かります。

27 東京 50代 女性
6日に日比谷公会堂の国民大集会に、参加した者です。
昔、国もマスコミも政治家も無視していて、参加者も少なかった友愛会館での集会から参加しています。国民大集会に、毎年、参加してるのは、日本人としての義務だと思っているからです。寄付しているのも日本人としての義務だからです。
純真な13歳の少女を拉致誘拐する、極悪非道の国を許せないからです。北朝鮮に味方する、怒りを感じない政治家、文化人、マスコミ、著名人皆に全身込めての怒りを感じます。めぐみさんを絶対取り返します。コスモスのように優しく強い、めぐみさんは生きています!!品格のある横田夫妻を尊敬してます。今年こそめぐみさんを日本へ帰国させましょう!!

28 海外 50代 女性
ご無沙汰してしまいました、お元気でいらっしゃいますか? いつもめぐみさんがご両親の元に帰ってこられる事を祈っております。
飛行機のタラップから降りてこられるめぐみさんをテレビカメラが遠くからうつしている、そんな光景をいつもいつもイメージして祈っています。どうぞお体を大切にしていて下さいませ。めぐみさんと同じ病院で生まれた者より。

29 静岡 40代 女性
こうしてネットを通じても数々の写真を見ることができて、すばらしいと思いました。写真展に行けない方々もコメントを読みながら、じっくりと一枚一枚見ることができるので、本当に良いと思います。このHPがあることをもっともっと多くの方々に知ってもらうような宣伝ができればいいですね。私はめぐみさんと全く同じ年齢、学年、そして中学、高校とめぐみさんと同じようにバトミントン部に所属していました。ですからとても人ごとのように思えず、横田さんご夫妻には特別な感情を抱いております。直接できることが何もないので、いつも心からめぐみさんの無事と、ご夫妻の健康をお祈りするだけです。周りでご夫妻を支えていらっしゃる多くの皆さまの上にも祝福がありますことをお祈り申し上げます。

30 海外 30代 女性
私は香港に住む、日本人です。こちらに来て11年目が過ぎましたが、テレビや日本の新聞を通じて、拉致問題には関心がありました。そして、先日ネットでめぐみさんの映画を見て、是非横田夫妻にメッセージを送りたかったのですが、方法を知らずここにたどり着きました。
私が思ったこと、感じた事は、想像以上に重大な問題であり一刻も早く解決出来るように、これまで以上に日本国民の関心の重要性を願わずにはいられませんでした。
私は香港人の主人と恋愛結婚で香港に来ました。息子も生まれて幸せです。でも、そんな私でも故郷である日本・横浜。そして、両親や姉妹、友達を思わない日は無いのです。条件や環境が揃っていても、私のように周りの日本人の知人も同じように言います。それが、めぐみさんのようなまだ若い中学時代に本人の意思とは関係なく家族と引き裂かれたという現実は、あまりにも想像できないような非情な現実で誰にだって、起きて欲しくない事。。。若い頃の私には、きっと他人事。でも、今なら分かるんです。異国にいる辛さ、子供を奪われる事の苦しさが。私はこれといって立派な権力も大金持ちでもないです。出来る事といったら、思い当たらないくらいの普通の主婦です。
でも、このままめぐみさんの事件を他人事では終わらせたくない気持があります。生きていると分かっているのに、連れて帰せないこの現実。日本からこんなに近い場所にいるのに凄く遠い場所にいるめぐみさん。毎日思います。どうしたらいいのか。横田ご夫妻に戻してあげたい気持です。
連日北朝鮮のミサイルの件でニュースを見ます。もし、それが発射され北朝鮮に対し各国が制裁を加えるとしたら・・・めぐみさんはどうなるのでしょうか・・・。他に、拉致被害にあってとどまっている人々はどうなるのでしょうか・・・。もしも、生きているうちに願い事がひとつだけ叶うなら、私は自分の願いは要りません。家族と一緒に普通に暮らせているこの現状で充分です。叶えたいその願いは、今すぐめぐみさんをご両親の元に帰らせて!!この事に使いたい。彼女の人生を、北朝鮮で終わらせたくないんです。そして、ご両親にめぐみさんからのただいまの声を聞かせてあげたいです。詳しく事の詳細を知らない香港人は沢山います。でも、私なりに周りの香港人の友人にはこういう事が起きている現実を伝えていくつもりです。
人道的に許されない罪を犯している北の国。その報いは必ず受けると思います。めぐみさんが今日も無事一日を終えているように願っています。長くなってすみませんでした。

31 栃木 40代 女性
始めまして。私は現在、栃木県に住んでいますが、生まれは新潟県新津市で、新潟市の銀行に勤務していました。 横田さんは新潟出身ではないのに、めぐみさんを拉致されてしまい、いつもニュースで見るたびに心を痛めております。 私の友人は新潟市浜浦町に住んでおり、彼女の妹さんはめぐみさんと同学年で、めぐみさんの捜索にも参加されたそうです。横田さんの住んでおられた近くの浜辺を私も良く散歩しました。めぐみさんの名前を意識した訳ではないのですが、私の娘も愛(めぐみ)という名前で、今年10歳となります。同じ母親として、わずか13歳で子供を拉致された横田さんの事を思うと、涙が止まりません。 このホームページの写真を見た途端、涙が流れ出し、今も泣きながらこの文章を入力しています。めぐみさんは絶対に無事でいられると私も信じています。一刻も早く日本に帰れることを心からお祈りしております。

32 米国 30代 男性
私は、先週ドキュメンタリー番組を観てめぐみとその他の人々の拉致について知りました。私はそれによって心を動かされました。私は、あなた方そして拉致された最愛の人々に同情します。彼ら(北朝鮮)は彼女が亡くなていると言っていますが、私はそのような事はほんの一瞬でも信じません。あなた方もまた信じていないことを知っているからです。私は怒りを感じます、そして、政府がこのことに関して後押しをしていないようであることに憤っています。私は、政府の政策は巧みであると知っていますが、しかし、もっともっと助けとなるべき事をすべきだと考えます。私は、あなたが娘さんを取り戻すことを願っています、そして、あなたに、政府は彼ら(北朝鮮)が私のような見解を示さないことにただ留意していないだけだということを知ってほしいと思います。を彼らが私の地位を反映しないのを気にかけるように思えるだけではないので、私はそれを知って欲しいと思います。 そして、私は、私と同じような考えの人が他にたくさんいると確信しています。 あなた方そして他の家族の皆様が(家族を取り戻すこと)止めようなどどされないと信じていますが、どうか諦めずにいてください。あなた方みなに神のご加護がありますように! 私は、この(苦しみが)すべてがまもなく終わることを望んでいます。

33 茨城 30代 女性
はじめまして。毎日様々なニュースが取り上げられていますが、私にとって拉致問題は、TVで流れない日が長く続いても、決して風化されることなく強く刻み付けられ、解決を願わずにはいられない事件です。めぐみさんが、横田さんご夫婦の元へ、一日でも早く帰って来られる日を、強く強く願ってやみません。自分にできることは何なのか、考えた末にしたことと言えば署名とわずかながらの支援金のみですが、本当はもっとマスコミや国会議員に対して働きかけるようなことをしたいです。具体的な行動を、すべて拉致被害者の家族の方たちに一任してしまって、こちらはただ見守るだけでよいのか・・・とても歯がゆいです。でも、きっときっと、今の北朝鮮政権は近いうちに崩壊します。めぐみさんはとても優秀な方ですので、その時期を冷静に待っていると思うのです。ご両親の活動を知った日からめぐみさんは、希望を胸に、強く生きていらっしゃると思います。絶対に、無事に帰ってきます。これからも、めぐみさんの帰りを祈らせて下さい。突然のメール、失礼いたしました。

34 米国 40代 女性
したがって、私はこの実話にとても心を動かされました。 そして、あなた方二人が感じるに違いない耐え難い痛みを想像できませんでした!  そして、あなた方がまた再び娘さんと会えるにようになるまで私が祈り続けることを知って欲しいと思います!  本当ならあなた方にメールできればよいと思いますが、私にはの方法が分かりません。 神はあなた方を助けます、そして、あなた方、めぐみ、弟たちみなをとても愛します。 祈りはとても強い力を持ちます! 我らの神も同じです! 神はあなたを失望させないでしょう! God loves you & so do I !!   愛をこめて。

35 広島 40代 男性
めぐみさんへ  私にとって あなたは  毎日 どこかで 傷ついている  気の毒な人たちの ひとりでした  つま先だって おどける  あなたの 写真を 見たときに  あなたが 私の  近くにいたことを 知りました  あなたが 写真に 写された  橋の たもとを 通るたび  私はあなたを 想うように なりました  ああ どんなに想い強くても  人は 身ひとつで 空を飛べない  ああ どんなに悔やんでも  あの日の前には 戻れない  ああ いくら技術が進んでも  明日のことさえ わからない  ああ どんなに祈り深くても  願いひとつ 叶わない  もし この願い いつか叶うなら  この世界の中で  あなたに 会わせて

36 米国 40代 女性
私は、たった今、あなた方の娘さんとあなたの戦いに関してのドキュメンタリーを見終えました。 私は、あなた方とは遥か遠く離れたこの地に座っていて、テレビ画面の映像以外はあなた方と触れることなど無いにもかかわらず、あなた方の痛みをとて強く感じます。 涙は私のほおを滴り落ちて、この先二度と感じないだろうほどの悲しさに満ち溢れています。 そして、たった今、あなた方の問題解決への支援を求めるメールをオバマ大統領に送ったところです。 そして、あなた方に平和と安らぎが訪れることを願っています。 神のご加護がありますように。

37 愛知 40代 女性
私は44歳。めぐみさんと同い年です。北朝鮮という国の存在さえ知らなかった中学生の頃、どこかの舟の中でもがいていためぐみさんを思うと、全く知らない人のことなのに目の奥が熱くなります。私には横田さんと同じ双子の息子がいます。子を思う親の気持ちは切なくなるほどわかるのです。こうして家族が一緒にいられることが当たり前のように思う自分を、めぐみさんの写真を見るたびに責めています。自分がこうして生きていることを、申し訳なく思ってしまうのです。私に何ができますか。ご家族皆さんが一日も早く再会できることを祈っています。  神のご加護がありますように。

38 米国 60代 男性
教養あるすべての文明社会の人々の発言を重んじる米国市民の一人として、、、私は、彼ら横田さん家族を不幸に至らしめた事の起こりについて、すべての人々が特別の感情を抱くことを知っています。 日本のその他同様の善良な家族に対するこの無情な行為を取り除くための唯一の方法は、北朝鮮政府が、秘密裏に力づくで連れ去ったこれらの人々を解放し、母国に帰還させることです。 私は、いかなる理由による遅延もなく、即刻この処置をとるよう北朝鮮政府に促します。

39 石川 50代 女性
初めまして、金沢に住んでおります。先日、ご夫妻が小松空港から帰路につかれた折の全日空機に偶然乗り合わせて、羽田空港の通路で不躾にも、いきなり声をおかけしてしまいました。事前に名前を名乗る事もせず、突然の非礼をわびる事もなくお話してしまい本当に申し訳ありませんでした。あの折に申しました様に、私の娘も恵と言います。また、自分も若い頃に海岸へデートに出かけたこともあり拉致被害者の方達の不幸を人事とは思えませんでした。お姿をお見かけした時に、なんとかして私達は誰も忘れていないという事をお伝えしたい衝動に駆られてしまって、本当に失礼いたしました。あの後、自分が思いだけで何もしていない事に気付かされました。
決して忘れない事以外にも、何かできる事があるか、考えてみようと思います。非力かもしれませんが、多くの人が、お二人の思い、願いを共有している事、少しでも感じてくだされば幸いです。どうか、どうかお身体にお気をつけられて。

40 北海道 50代 男性
拉致され、本人はもとより両親の苦しみや心配も子供を持つ身となれば十分すぎるくらいに理解できます。国民の生命を第一に考え守るべき政府がもっとしっかりした対応をすべきです。私達には歯がゆくてなりません。もっと北朝鮮に対し素早く断固たる措置をすべきでした。今後も拉致の解決なしに船の往来をはじめ、六カ国協議における支援など北朝鮮に行うべきではありません。

41 海外 50代 女性
ケンタッキー州にあるマレーステート大学で日本語の講師をしております。今回、ナッシュビルの日本総領事館の後援で「横田めぐみストーリー」を2月19日、20日、21日の3日間、大学内の劇場で上映することになりました。こちらでは、拉致のことは全くと言っていいほど知られておりませんが、今週、クリントン長官が横田夫妻と面会したばかりですし、今朝もこちらでは、北朝鮮の総書記交替の可能性のニュースが流れていましたし、タイミングとしてはいい時期だと思います。一人でも多くのアメリカ人に拉致の現状を知ってほしいと思います。また、どんなことがあっても決して希望を捨てない横田夫妻のお姿や日本の美しい四季折々の風景(めぐみさんの心象風景のようにも思えます)は、アメリカ人の心を打つと思います。横田さんご夫妻がいつもでもお元気でおられますように。。。

42 京都 60代 女性
最近政府のめまぐるしい混乱の中ですっかり拉致問題が影を潜めてしまったように思えます。田口さんが金ヨンヒと面会するというニュースみましたが拉致問題の解決につながるとは思えません。失礼ですがご家族の皆様も高齢になられておられます。胸が痛んでたまりません。かといって私に何が出来るのかと自問自答するしかありません。日本のマスコミは其のときは大きく問題を取り上げますが今火を消したように拉致問題影を潜めています。私に何が出来るでしょう。ご夫妻のご健康を祈るばかりです。

43 東京 20代 女性
有楽町マリオンで行われている写真展へ行ってきました。めぐみさんの写真はどれもとても可愛らしく、何でこんな子が拉致されてしまったのだろう、と本当に悲しく思いました。それとともに、自分の日常がめぐみさんの一番望んでいる事なのだな、と実感をして、何気ない日常にとても感謝することができました。私個人にできることは署名をするなどの小さな事ですが、めぐみさんの事をきちんと心に留めておき、少しでも早く日本へ帰ってこれる事をお祈りしています。写真展を有楽町で開いて頂きありがとうございました。そして、少しでも多くの人に、写真展に来場してほしいと思いました。

44 大阪 60代 男性
ホームページ関心を持って見せてもらいました。夫妻の気持ちが痛いほど良くわかります。事態はなかなか進展していませんが、粘り強く取り組むことが肝要と思います。 ミニ写真展のことについて、以下若干お尋ねするものです。今後の参考にしたいと思いますので。 1.どれくらいの写真パネルの量があって、展覧会開催にあたり最低どれくらいのスペースが必要になるのでしょうか。公民館などでも可能なのでしょうか。 2.開催する側において、展覧会に要する経費はどれくらい要するのでしょうか。(開催にあたっての経費負担など) 3.大切な写真パネルの搬送に特別な梱包やして搬送業者などあるのでしょうか。 4.写真パネルは、どれくらいお借りできるものでしょうか。また有料なのでしょうか。5.最近作成されたDVDについては、無料貸出とありましたが、いつ頃からどんな方法でお貸しいただけるのかも教えてください。

45 香港 20代 女性
横田語夫妻へ。 こんにちは。 以前フジテレビのインターネットニュースであなた方の娘さんの状況を知りました。 そして、ニュースを見終わった後に、このサイトがご夫妻を支援していることを知りました。 私も何かお手伝いを出来ると思っています。

46 神奈川 30代 女性
初めまして。 毎年この日が来るたびに言いようの無い切なさで胸が締め付けられます。『1977年11月15日』今から31年前のこの日は私がこの世に生まれた日でもあります。今現在、私は31歳になり、一児の母です。こんなに長い年月、お子さんに再会する日を待ち望み、今なおそれが実現されない・・・誕生日が来るたび、今年もまた一年が過ぎてしまったと何の進展もない状況に悲しくなります。親になった今だからこそ、ご夫妻の切なく、苦しい気持ちも痛いほどに感じます。 どうか一日も早くめぐみさんが横田さんご夫妻の元に帰られる日がきますように。 寒い日が続きます。どうかその日までお体大事になさって頑張ってください。

47 米国 50代 男性
ドキュメンタリー番組『Indepentdent Lend』で、お嬢さんについてのこの悲劇を知った後、私は、あなた方がとても勇敢で賞賛すべきであることをあなたに伝えたいと思いました。 あなた方のために私は祈ります、あなた方とめぐみさんがもうすぐ再会できますよう、すべての神の御加護がありますことを。

48 千葉 30代 男性
聴覚障害者で手話を使います。横田めぐみさんの事を毎日で心配しています。元気なめぐみさんとキムウンギョンちゃんも早く日本を帰って来て下さい。横田さん、頑張って下さい!僕はめぐみさんの事を見て本当に悲しくなってしまいました。横田さん、めぐみさんが早く帰ってくるのでもう少し頑張って下さい!

49 大阪 40代 女性
何度となく拉致問題が取り上げられながら、なんら進展のないことが残念でなりません。いつもやさしそうなご両親の映像を拝見するたびにお父様お母様が元気なうちに逢わせてあげたいと皆が思っています。私は曽我ひとみさんと同じ年です。鹿児島の離島で生まれ育ちました。同時期、被害者の方がどんな思いで北朝鮮の船で連れて行かれたのか考えただけで恐ろしくなります。お辛いでしょうが頑張って下さい それだけしか伝える術が無いことに無力さを感じてしまいます 世界中の方が早期解決を望んでいます。お身体に気をつけていつまでもお元気で…

50 海外 40代 女性
横田ご夫妻へ、アメリカに在住です。昨夜、地区の公共テレビ局でドキュメンタリーを拝見しました。私にも子供がいます。自分の身になって見させていただきました。涙が出てきました。同時に何十年間も何もしてくれなかった政府に対して、怒りを覚えました。私だったらどうしていただろう?私も諦めずにわが子に会えるまで何かをしていたでしょう。是非、これからもがんばって運動をお続けください。世界中の人たちに北朝鮮が何をしたか、何を今も隠しているのか広めてください。(残念ながら、アメリカでは、少数しか事実を知っている人がいません。)昨夜の放映は、時間が遅かったので、あまり見た方々は少ないと思いますが、運動を広げるためにもよかったと思います。がんばってください。めぐみさんがご無事でお帰りになることを心からお祈りしております。ゆうこ

51 米国 40代 女性
私はお嬢さんとほぼ同い年の、アメリカの質素でごく平均的な家庭で育ちました。あなた方家族の写真を見て、私の幼い頃からの写真と同じだとの思いで一杯です。 なぜならば、ただ「幸せ」だったからです。それらの写真は、どれも平凡ではあるけれど、不思議にも、私を純粋無垢で楽しかったあの時間に連れ戻してくれます。あなたのお嬢さんに起こった悲劇は、決して見過ごされてはいけないし、また忘れ去られてもいけません。たとえ政府でも誰であっても、家族に立ち入り彼らにとってとても尊いものをすべて奪っておいて、傷つけたつけたままにしておく権利など到底ある筈がありません。私は、あなたが、この写真を見ることでかって持っていたすべてを抱き続けて欲しいと思いますし、あなたの美しいお嬢さんとの人生を再び取り戻せると信じています。 残忍極まる不正と戦うあなたの姿は感動を呼びます。 今日以降、あなたとお嬢さんそして家族皆の希望が私の思いであり祈りです。どうか、あきらめず、そして、いかなる支配体制もあなたから何も奪うことが出来ないのだという信念を持ち続けてください。あなたの思い出は今暗闇にいるあなたを元気づけます。その思い出はあなたのお嬢さんを支えている思い出に違いないからです。

52 大阪 50代 女性
本意でなく、生きていくことの、辛さは、私の想像の域をはるかに超えています。自分がめぐみさんなら・・?と、考えただけで、息が、詰まりそうになります。賢明な、彼女は、強い精神力で、自分の前のドアが開く日を、待っていると、信じます。念じます。それしかできないのが、悔しいです。

53 鹿児島 40代 女性
はじめまして、いつも、心の隅は、ご夫妻のことは、気になっていました。このホームページに出会いましたので、書かせていただきました。本当に毎日どの様な気持ちかと思うと、胸が痛みます。突然子供を、奪われ、そして、北朝鮮に居ると分かったときとか、想像しただけでも、大変なのに本当に、よくがんばっていらっしゃいます。本当に、一日も早く日本にこられたらいいですね。テレビで見るたび、やるせない気持ちです。お二人の子供さんだから、向こうで、日本に帰るまでがんばっていると、思います。心労が、いくばかりかと思いますが、頑張ってください・

54 メキシコ 30代 女性
コメントに付け加えるのを忘れてしまいましたが、私と家族は恐らく横田夫妻の娘さんは現在北朝鮮の要人の奥さんなのだと思います。これが何故彼女が帰されないのかに対する唯一の論理的な理由であり、彼女はもちろん死んでおらず、もし彼女が一般市民であれば彼らはなにも失うことはなく、彼女に北朝鮮での経験についてなにも話すなといえばよいのですから。

55 沖縄 50代 女性
「北朝鮮拉致事件」がマスコミに取り上げられて初めてこの事件を知りました。こんな事が今の世の中である事が本当に信じられません。政治・マスコミ・国家・・全てが信じられなくなっていらっしゃることと思います その中でのテレビでの横田さん夫婦の言動を拝見させて頂き本当に感銘をうけます。現状を政治家より、冷静にみておられる。長年こんなにがんばってこられても、めぐみさんを取り戻せない・・
こんなにご両親が大切に大切に育て・愛情を降り注いで育てたのに、なぜ?めぐみさん・ご両親・双子の弟さんの気持ちを考えると、何と言っていいのか言葉が見つからないです。政治・国家って一体何なんでしょう テレビでしかお目にかかれませんが、いつ見ても、頭が下がる重いです。娘が27歳で名前は めぐみ です。私に何かできる事はありますでしょうか。微力ながらご協力させて頂きたいと思っております ありましたらご連絡を宜しくお願い申し上げます。

56 米国 50代 男性
MegumiYokota.comというアドレスにした方が良い。このサイトは国連、日本、国会、他の国々そして北朝鮮に影響を与えることの出来る個人へのメッセージを送れるようにすべきです。また寄付のサイトも作るべきです。

57 海外 - 女性
初めてお便りします。今私は33歳。これまでずっと、テレビなどで横田さんたちを拝見して来ました。そのたびにいつもいつも、横田さんたちのお心を思うと、涙が溢れそうになります。私がもしめぐみさんの立場だったらって思ったり、自分の子供がそんな立場に置かれたら・・・とか、考えるだけで辛いです。そんな中、いつも凛としてテレビに立たれるご夫妻の姿は、本当に、どれだけの国民が勇気をもらっていることかと思います。めぐみさんの救出まで、テレビの前で、ずっと、私も、祈っています。ひたすら、祈っています。国に立ち向かう、政府を相手にする、どれほどの勇気がいることかと思います。でもそのことで、立ち向かう勇気をもらっている人間がたくさんいます。横田さんは、多くの国民を救っておられます。私もその一人です。どんなことがあっても、乗り越える方法を教えてもらっています。直接おあいしたいくらいです。直接会えたら私はきっと泣いてしまうだろうな・・・横田さんのやさしい眼差し、テレビを通しても、伝わります。今私たちは主人の仕事で上海に駐在しています。それでも、BSテレビで横田さんたちを観る事はできます。とおいところからでも横田さんたちを支えている私たちがいること、忘れないでお元気でいてください。いつまでも祈っています。横田さんが、めぐみさんを抱きしめられているお姿を、想像し、いつもそれを願っております。応援しています。

58 埼玉 60代 女性
お母さんの顔をまじかに見られたとき 普通のお母さんだと思えた。テレビなどでは 聡明で綺麗でしっかりした人 自ぶんたちとは違う 立派な強い人と感じていた  集まった人達の思いを(入れなくていい 自ぶんたち がついているんだと言うことを伝えたいのだ バスで来ていた人達もたくさんいた  私も1時間かけて孫を託児所に預けて行った 募金を集めろとか たくさんの人が 皆一緒だと団結していた)わかって元気をだしてほしい今何をするのか 思い切った政府 拉致解決の為には他国の北朝鮮対の利益ぶんの金を出すとか やれる事は全力でするという強い発信が必要だと思う  なにしろお父さんも具合が悪いとの事 生きてなくちゃ 無理せずいきて必ず待っていてあげてください

59 米国 50代 男性
あなた方の長きに渡る勇気に感服します。娘に対する誠実さはとても立派です。世界の正義と人権のために立ち上がってくれてありがとう。これらのことは声を上げなければ困難で大変なことです。これをやろうとする人はほとんどなく、世界は無関心です。謙虚な活動をありがとう。

60 米国 30代 女性
あなた方の娘さんの話は私を行動へと突き動かしました。言葉に表せない穂との悲劇は終わりにすべきです。あなた方の思いを共有させてくれてありがとう。あなた方が出来なくとも神が彼女をお守り下さいます。

61 千葉 30代 女性
いつもめぐみさんが早くご家族の元へ帰れるように願っています。心で思っていますが具体的になにも出来なくて、どうすれば良いのかわかりませんが、政府へのメッセージも書き込みしたいと思います。被害者の方が全員自分の国に帰れるように世界中で力をあわせられますように。私も力になりたいです。

62 米国 50代 男性
70年代に起きた拉致問題の話を初めて観ました。私は1955年生まれで何人かの拉致被害者とだいたい同じぐらいの年齢だと思います。あなた方の娘さんがたった13歳だったと聞いたとき私の目に涙が込み上げました。彼女の恐怖や怒り、彼女に何が起こったのか想像だに出来ません。時折私はこの世の中やお互いに対する扱い方に恐れを感じます。私は神が試練のためにこの世に沢山の違った種類の人々を授けたのだと信じています。わたし達がどの様にこれらの違いを乗り越えて到達し、尊厳や愛、思いやりを持ってどの様に互いに接しあうことが出来るかを見るための試練です。残念ながら多くのもの達がこの試練をしくじっています。あなた方に慰めと平和をもたらす言葉を知っていればよいのですが。あなた方の娘さんが生きていて、どこにいるとしても幸福を見出していることをお祈りします。彼女はあなた方2人のように強く愛すべき両親のことを決して忘れないないでしょう。もし彼女がもはや生きてはいないとしてもそれは囚われの身から解放されたのです。彼女の帰還のために闘う家族をずっと見て、あなた方の決意と彼女への愛に驚いていることでしょう。いずれにしろ彼女は愛されていることを知っています。恐らく最後にはわたし達の子どもたちに対する愛がわたし達が互いに対して為している恐ろしいことから世界を救うでしょう。私はあなた方のめぐみの天使のような歌声を聴きました。神の祝福がありますように。

63 米国 20代 女性
私は今アイオワ大で勉強をしています。ちょうどテレビで"Abduction"を見たところです。1999年に日本を離れ、拉致問題に全く関心を持ってこなかったことを恥ずかしく思いました。横田夫妻がどんなに苦労をして真実を追い求めてきたのかにとても感動しました。あなた方とご家族、めぐみさんのために祈ります。神はいつもあなた方と共にいます。

64 大阪 30代 男性
憎き北朝鮮。家族の愛を奪った罪は決して許されるものではないです。何としてでも、めぐみさんを連れ戻したいですね。「では、どうしたらいいのか。」ここが問題。どうしたら全国民を動かすことが出来るか。ここを私も日々考えています。一緒に戦っていきましょう!そして早期に解決しましょう!

65 米国 20代 女性
私は今アイオワ大で勉強をしています。ちょうどテレビで"Abduction"を見たところです。1999年に日本を離れ、拉致問題に全く関心を持ってこなかったことを恥ずかしく思いました。横田夫妻がどんなに苦労をして真実を追い求めてきたのかにとても感動しました。あなた方とご家族、めぐみさんのために祈ります。神はいつもあなた方と共にいます。

66 北海道 40代 女性
初めてお便りいたします。私は昭和40年3月生まれの現在43歳。めぐみさんと同学年ということになります。去年の6月に、JRに乗っていたところ、横の席にイギリス人男性が座りまして、北朝鮮による拉致の事を知っているか聞いてみたら、初耳だ!と言っていました。めぐみさんの事を説明したらショックを受けていました。世界的にみるとまだまだ拉致の事を知らない人がたくさんいるんだと私もショックでした。
私は常々、私の出来ることは何かと考えていましたが、その時、世界中にこのことを広めなければならないのではないか?と深く実感しました。それからは出会った外国人の方に拉致の事を教え広めていくことをしています。私は北海道の田舎暮らしなのでそれほどそういった機会があるわけではないので機会を逃さず実行していますが、もっと外国人の方々に知ってもらうために、英語を喋れる友達には是非、それを心がけるよう声かけもしています。他に何ができるかといつも考えるばかりで申し訳ありません。私は自分の年齢的に、私の両親(母は他界)に横田さんご夫婦を重ね合わせて見ています。どうかお身体を大切に過ごされますように。めぐみさんも再会できる事を夢見て、ご両親の健康を毎日心配し案じていると思いますから。

67 米国 10代 女性
横田めぐみストーリーは私の心にポッカリと穴を開けました。あなた方が直ぐに娘さんと再会できることを心から願っています。希望を決してなくさないあなた方2人を尊敬します。私はこの話を決して忘れません。他の罪もない人々が家に帰れるようにならなければならないことを決して忘れません。

68 奈良 60代 女性
横田様ご夫妻は 大切な家族を引き裂かれ 今どうしているかもわからない状態で 何とかしてお嬢さんを連れて帰ってやりたいのに どうすることもできないというもどかしさをお察しします。常にテレビの映像では 冷静にお応えになっておられるので かえって悲しさが伝わってきます。もっと日本政府、拉致された国民を持つ国々が連携でどうして北朝鮮に対して手をつながないのだろうと 憤慨します。私の方は 小さいことですが 外国の知り合いには 必ず拉致されたことを話していますが アメリカ ヨーロッパの人達はそのような事件は全く知らなく”そうだったの?”といっています。 でも少しづつでも そのことを知っている人が増えたら良いと思って 話をしています。どうぞ お身体を大切になさってください。そして そういう気分にはならないかもしれませんが たまには気分転換に温泉でもつかってくださいね。

69 米国 40代 女性
娘さんと再会できることを祈っています。あなた方の強さと美しい娘に対する献身に対して尊敬の念を抱いています。神のご加護とあなた方に強さを与え続けてくださいますように。

70 東京 30代 男性
頑張ってください!めぐみさんは必ず日本に帰ってくると信じています。その日までお体を大切に。

71 米国 30代 女性
めぐみの両親にメッセージを送りたいと思います。夕べ2歳の娘を抱いてビデオを見て泣きました。あなた方と奪われた少女のことがとても悲しかったです。めぐみが今も生きていて毎日どうにか幸せを見出していることを強く祈っています。軌跡によって彼女があなた方の元に戻り、彼女を抱きしめて全ての苦悩が洗い流されることを願っています。もしお金があれば彼女を見つけ取り戻す助けになるようあなた方に送る方法を探すのですが。世界中の行方不明の子どもたちが両親の元に帰れること願ってやみません。もし私の娘がいなくなってしまったらどうして良いかわかりません。映画で早紀江は強い人間ではないといっていたと思います。でも彼女は毎日起き上がり、努力し続けて来ました。どんな方法であっても子どもを傷つける理由が理解できません。探し続け、希望を持ち続けることを願っています。世界中にあなたとあなたの家族のために祈っている人がいることを忘れないでください。

72 東京 40代 女性
本日会場入り口にて入場者を出迎えるお二人の姿が。写真展も胸がいっぱいになりました。出るときはそちらを向けませんでした。本当に返してもらいたい。なんとしても。お二人ともお体大切にしてください。

73 米国 30代 女性
たったいまあなた方の娘と他の拉致被害者のドキュメンタリーを見ました。私は彼らの話をいままで聞いたことがありませんでした。沢山泣きました。私の思いは今あなた方とめぐみのことばかりです。彼女のために祈り心の底から元気に生きていることを願ってやみません。あなた方と彼女のために、直ちに真実が明かされることを願っています。私にはあなた方がどれ程辛い目に遭ってきたのか想像する事すら出来ません。あなた方の痛みに深く心を動かされました。強くなって下さい。そして生きているという希望を持ち決して諦めないで下さい。そしてあなた方の人生の一コマ一コマを楽しんで下さい。それをめぐみが望んでいると思います。私はめぐみと他の拉致被害者の話を友人や家族に話すつもりです。皆の思いが圧力となって、真実が明かされることを望んでいます。人間が以下に残酷になれるのかを聞くと悲しくなります。わたし達は一つの家族であり、一つの大きな共同体であり、人類です。同じ痛みと喜びを知っています。全ての人を兄や娘、息子、母...として扱わねばなりません。私の思いはあなた方と、あなた方の息子(めぐみの弟たち)さん、あなた方の家族、そしてめぐみの不在を悲しみ、寂しがっている人々と共にあります。他の被害者家族にも思いと願いを捧げます。

74 東京 30代 女性
夜中に突然目が覚めて、横田めぐみさんの事が頭に浮かんでドキドキと胸が鳴りました。これまで一般のニュースで知り得る範囲で存じ上げる程度でしたので、とても不思議でした。毎日、育児と仕事とでクタクタなので、夜中に起きることもないので、何だか奇妙なものを感じ、さきほどまでインターネット上でめぐみさんの情報をずっと探して見ていました。皆様の活動にも初めて接し、写真も一つ一つ拝見・拝読して、改めて無事帰国の報を待ちわびる思いを強くしました。偶然にもインターネットニュースでは松本さんの生存確認の件が出ていましたが、金正日政権崩壊とともに、順次解放を祈念して止みません。ご家族・支援者の皆様、寒い季節が到来しますが、お体に気をつけてご活躍ください。

75 米国 40代 女性
人生の全ては良いことか悪いことで、神がわたし達に課した道程だと感じます。あなた方がいかにこの道程に対処してきたかあなた方の道程の証人である周囲の人々をいかに感化してきたかです。私は私の子どもたちを誰にも決して傷つけさせないと誓って子どもたちを熱意を持って見守っています。でも世界には心根の良い人と共に邪悪で毎日罪のない人から次々と奪う人もいます。私の心は美しい娘を奪われたあなた方のために痛みます。あなた方の勇気はかつて見たことのない不滅の愛による最も驚嘆に値するものだと思います。神はあなた方とこの道程に共にいます。神の選択は完璧で彼の企みは全てわたし達のためであると心から信じています。私と子どもたちは彼女の早急な帰国と彼女があなた方と離れている間神のご加護があるようお祈りいたします。また、あなた方の心に平穏と慰めが訪れますように。めぐみ探索でのあなた方の夫婦としての結びつきが愛情に満ち思いやりのあるものです。互いにそして息子さん達を愛して下さい。

76 カナダ 40代 女性
長きに渡る苦悩に立ち向かったあなた方は気高く勇敢で、それほど痛烈なものであるか知り得ません。とても心が痛みます。あなた方がこの世にいるうちに真実が明かされるよう祈っています。あなた方はおやというのもが如何にあるべきかを体現しています。めぐみはあなた方2人をどんなにか誇りに思っていることでしょう。

77 米国 60代〜 女性
解決を長引かせるのを止め、親御さん達にとって遅すぎたということにならないうちにこれらの人々を取り返しなさい。

78 米国 40代 女性
あなた方に起きた非道な行為と長い闘いを知って心が痛みました。私が見た写真は皆愛らしく、家族が分かち合った愛情を見て取ることが出来ました。めぐみとの再会を願っています。気を強く持って下さい。

79 米国 20代 女性
私は現在ニューヨークに在住です。 3月18日に日本クラブで開かれた映画の上映に参加させていただき、是非応援のメッセージを送りたいなと思いあさがおの会のウェブサイトを開きました。私も横田夫妻の様にめぐみさんがまだ生存されてると信じております。だからどうにかしてめぐみさんとの再会を果たせたらなと願っております。この映画をこれからたっくさんの人々が観る事になると思います、そうすることによってこの問題を多くの人々が知り、世間でもっともっと重要出来事として取り扱われ、横田様ご家族とめぐみさんの再会が近い未来に実現出来るのではないかと思います。たくさんの人々が横田夫妻のことを思っていると思いますので、これからもお体には十分にお気をつけになって頑張ってください。私は、めぐみさんとの再会の日が来る事を信じています。

80 米国 60代〜 男性
心より同情しますと共に一刻も早くめぐみさんがあなた方の元に戻るよう願っています。北朝鮮の残忍な独裁政治が国際世論によって制圧され、門戸を開き娘さんが帰ることを許されることを願っています。ベルリンの壁が崩れるにも長い年月が掛かりました。あなた方はすでに29年もの間娘さんの解放を待っています。いまこそ勝利が訪れますように。

81 鹿児島 30代 女性
11月24日、カリーノ宮崎に写真展を観に出かけました。初めから涙が溢れ、最後は胸が詰まって、企画されているあさがおの会の皆さんにも一言お声かけをしたかったのですが、何も言葉にならないほどで、そっと会場を後にしました。私は鹿児島の幼稚園から専門学校まである学校で、中・高の教員をしているのですが、本校の生徒にもこの写真展を見て感じて欲しいなあと思いました。教員は学園のホームページに個人のブログを持っています。学園内外の皆さんに少しでもこの感想を伝えたくて、ブログにアップさせていただきました。以下はその内容です。
宮崎で「横田めぐみさんの写真展」を見てきました。お父さんの滋さんが撮りためた家族の写真を展示してあります。誕生から、拉致される直前に撮影された写真まで、めぐみさんの成長にあわせて展示してある写真を、涙なしに見ることは出来ませんでした。写真は「娘が嫁に行くときにでも持たせてあげよう」と、写真が趣味の滋さんが、ことあるごとに撮影してきたものです。こんな形で世間に公表することになるなんて思いもしなかったことでしょう。写真の中のご家族が幸せそうであればあるほど涙が溢れる写真になるなんて・・・あまりにも残酷です。なんと言って良いか、なかなか表現できないほどですが、少しでも感想を伝えたいと思います。私たちが良くニュースなどでも目にする、めぐみさんが中学校の制服を着た写真。これは、風疹で参加できなかった入学式後に、病み上がりのめぐみさんを連れ出して、桜の前でお父さんが撮った写真なんだそうです。病み上がりなので、髪がぼさぼさ。本人は写真に撮られるのを嫌がったそうです。失踪後、捜索用に写真を提出するにあたって、もっと表情のいい写真を選びたかったそうですが、失踪時と同じ制服の写真が良いだろうと、あの写真を選ばれたとのこと。その言葉に親心を感じられて本当に胸が詰まります。おっしゃるとおり、どの写真も元気で明るく、えくぼが可愛い、本当にきれいなお嬢さんの写真がいっぱいあるのです。お父さんの記録はめぐみさんが13歳でピタッと止まります。その後は北朝鮮が公開した20歳ごろの写真。結婚し、子供と一緒に写った写真へ続きます。その空白の部分がなんと悲しいこと・・・。幸せに暮らす、普通の家族が、ある日突然引き裂かれる。そんなことが許されるのでしょうか?そんな権利が誰にあるのでしょうか?日本人拉致被害者の問題は未だに解決されていません。家族も日々年老いて、我が子と会えないまま未練を残し亡くなられる親ごさんもいます。一日も早い解決を望むばかりです。私自身もどこか人ごとのように考えていましたが、この写真展を見て、日本国民全員が拉致問題を我が事として考えていかなければならないのだと強く、強く感じました。このブログを見て下さった皆さんも、少しでも関心を持って事件に注目してもらえればと願ってやみません。

82 海外 30代 女性
私は今主人の仕事の関係でアメリカ、テキサス州に住んでいます。そして、語学学校に通っています。私のクラスにはトルコ、タイ、エジプト、ベネズエラ、アンゴラ、ブラジルなどの色々な国の出身の生徒がいます。他国の人とは戦争や政治の話はしにくいですが、色々な意見をぶつけています。私は、クラスのみんなに北朝鮮による拉致の話をしました。少しでも多くの人にこの事実を知ってもらいたかったからです。ただ、私の語学力(英語)では限界も感じます。ですから、このホームページの英語での文章のコピーしたもの(横田夫妻からのメッセージの英文)を使わせてもらってもかまわないでしょうか。

83 イスラエル 30代 男性
親愛なる横田語夫妻へ。私はイスラエルのジャーナリストです。日刊紙 Haaret'z(www.haaretz.com)に寄稿しています。私は、北朝鮮によって拉致されためぐみさん達の問題について取り組んでいます。以前、救う会のメンバーの方のインタビューもしたことがあります。そして、私はこの悲しむべき話についてあなた方と話をしたいと思っています。

84 熊本 30代 女性
めぐみさんのご両親さま 初めて送ります。めぐみさんのことは、小さい頃から母に聞いたりして知っておりました。ずーっと気になってしかたありません。ただただ、早く帰ってきて欲しいですね・・・ 私はめぐみさんと同じ年代で、結婚をして親になり、改めて日に日に両親の存在が大きくなります。めぐみさんもどんなに帰りたいか・・・。お気持ちを想うだけで、苦しくなります。こうしている時間も耐えておられるのですよね・・乗り込んで助けたいですね。くやしい!くやしい!! 絶対お会いできるまで、お元気でいらしてくださいね!! 心より応援しております・・・

85 海外 30代 女性
オーストラリアに住んでいます。今日は、北朝鮮拉致問題についての1時間番組が こちらでありました。こちらの国民は核問題は知ってますが 拉致問題はほとんど知られてません。どのように報道されるかと言う関心もあって 見ました。めぐみさん 有本さん 地村さんにスポットを当てた番組でした。今日の番組では めぐみさんの歌声も流れました。こんな苦しくて 悲しくて 腹だたしい問題は、今日 明日にでも解決して欲しいです。番組中では、北朝鮮に対して一致団結の日本人だけでなく、中には 嫌がらせの電話など 心ない行動の日本人も多い事を知りました。どうか お体に気をつけて、1秒でも早く 解決への道が開かれます事を祈るばかりです。

86 海外 40代 女性
横田さんご夫妻の、粘り強い、立派なご活動、本当に涙が出ます。この写真展を見て、普通な家族のスナップショットであればあるほど、突然に奪い去られた悲しさが伝わってきて、全く心の通じないあの恐ろしい国とのやりとりに、どれほどの悔しい憤りと怒りの年月であるか、めぐみさんが拉致されたときと同じ年の子を持つものとして、本当にお察し申し上げます。お二人のこの活動は確実に世界に届き、この恐ろしい問題の環境の改善に甚大な貢献をしているのです。政治家ができないことを親の愛が可能にした、本当にたぐいまれな成果だと思います。お体を呉々も大切に、これからもめぐみさんと他の拉致被害者の方々のために、ご活躍くださるよう心より応援しています。知性と気品のあるお二人だからこそ、ここまで周りを変えられたのですから。めぐみさんもお二人のことを誇りに思い、生きる糧にされていることでしょう。どうぞ、あきらめないで、必ずお二人の悲願は叶うと確信しています。あさがお会の活動も、アメリカでは考えられない日本人の美徳がなせる技に思えます。お二人を支えるにとどまらず、もっと広い隣人愛の有り様を世の人に伝えているのでから。この写真展を見ていろいろなことを考えさせてもらいました。ありがとうございました。

87 埼玉 41代 男性
本日、銀座テアトルにて「めぐみ」を観ました。この映画を観るきっかけは、めぐみさんがバドミントンプレイヤーだったことを、以前新聞報道で知ったからです。私は、めぐみさんと同学年だと思います。場所は、埼玉県ですが、放課後の同じ時間帯にバドミントンをしていたことでしょう。現在私は、そのバドミントンを生かし、体育教師をしています。映画を観た感想は、親の子に対する深い愛情というか、ものすごく内面から濃厚に出てくる横田様ご夫妻の言葉の重さを感じました。めぐみさんや他の拉致家族の方々に、一日でも早く普通の生活が訪れることを願っています。これまで、写真展に行く機会を逃していましたが、今度首都圏で大型の写真展が開催される際は是非伺いたいと思います。どうど、お身体に大切に。横田ご夫妻の活動を応援しています。

88 愛知 40代 男性
私にも大切な大切な、一人娘がいます。ある日突然いなくなるなんてとても、考えられません。一日も早く、帰ってこられることを祈ります。大切な時間を。一緒に過ごせる時間を取り戻せるよう.. きっと、帰ってこられると思います。

89 米国 60代〜 男性
私達は6歳の孫娘がいます。私たちが撮った彼女の写真はまさにあなた方の娘めぐみさんがちょうどその歳の時の写真のようです。あなた方の写真を拝見すると、あなた方のめぐみさんの様に私達のジェイ伝がもし連れ去られたらどんな風に感じるだろうと想像させられます。私の心は激しく動揺します。民主化の目的はこの様なことが起きないようにすることであることは確かです。我々はまだ途上なのです。幸運をお祈りすると共にあなた方の夢が叶うよう願っています。

90 南ア - 女性
子どもたちの拉致について知って心からお気の毒に思います。私達は仕事の関係で日本に来たばかりでこのことについて呼んだり聞いたりする機会がありませんでした。主人と私から心からの誠意を送ると共にあなたのためにいつもお祈りいたします。全能の神が娘さんとお孫さんと一緒になれる機会をお与え下さいますように。

91 ニュージーランド 60代〜 男性
こんな悲しい話を聞いてお気の毒に思います。こんな方法で子供を失うなんてそれより悪いことが考えられません。お二人に心より同情いたします。

92 海外 40代 女性
写真を見ながら、お母様の「めぐみちゃん、めぐみちゃん」という声が私のところまではっきり伝わってきました。めぐみさんの生年月日を初めて知り、主人と同い年、私とも同世代(一つ年下の丙午生まれです)ということがわかり、自分の生きて来た年月で29年という長さを感じ取れました。同世代の親を持つ娘という立場で思います、ご両親の強い思いは絶え間なくめぐみさんへ届いているはずです。これからもお二人のご健康をお祈りいたします。

93 フランス 30代 女性
今36歳、二人の男の子の母です。フランスに移住して7年になりますが、ネット上の新聞等で、ご活動を拝見しております。日本にいるときには、「かわいそうだけど、数人の拉致被害者のために国益を犠牲にはできない。政府としては、1億人以上の日本人の利益を護ることが優先なんだろうなあ」という風に考えておりましたが、自分も母になり、ご夫妻のお気持ちの一端がわかるようになりました。自分の子供が北朝鮮のような論理の通じない国家に拉致されたら、どれほどつらいか考えると、いてもたってもいられない気持ちになります。何か私にもできる何か私にもできることはないだろうか。と考えてしまいます。パリでは、コンサルティング、通訳として働いています。もちろん政府の手厚いケアがおありで、人手に困られるようなことはないと存じますが、もしフランス政府高官とお会いになる機会等があり、通訳、お手伝いが足りない、ということがありましたら、何なりとお声をおかけください。今後もお体にお気をつけて、がんばってください。めぐみさんが一日、一刻でも早くおもどりになることを、遠いフランスの空からお祈りしております。

94 岡山 40代 女性
私はめぐみさんと同級生になります。誕生日も10月14日なので数日しか違いません。めぐみさんが拉致された当時、父の転勤で舞鶴にいました。海岸の近くに住んでいました。自分がのんびりと夕方にカニ捕りに行ったりしていたことが、どんなに危険な状況だったかなど思いもよりませんでした。普通に楽しく暮らしていました。その私と同じ年のめぐみさんが拉致されて、長い年月ご両親の元に帰ることもできないなんて・・・考えただけでも涙が出てきます。私自身が二人の子供を産み、子供がいかに大切か、自分の命以上に守ってあげたいものなのかがわかる今だから、よけいに横田様のご心情をお察しいたしております。岡山から何ができるか...HPやブログにブルーリボンを表示する。授業の予断のときに話をするなど、できる範囲で応援していきたいと思っております。そして、早い解決を心から願っております。横田様もこれから寒さが増してまいります。お体にお気をつけください。つたない文章で申し訳ありませんでした。

95 米国 40代 女性
今回こちらの写真展を米国より拝見させて頂きました。普段日本での催し物には参加が難しい私にとって、とてもありがたい企画と思い、あさがおの会の皆様のご尽力に心よりお礼を申し上げます。世の中にはままならない事も沢山ありますが、月へシャトルが飛んで戻れる時代に何故拉致被害者の人達を救出できないのか。理不尽とはこのような事の為にある言葉なのかもしれないと感じております。2年前の春、ワシントンDCで催された北朝鮮自由化週間に拉致被害者のご家族の方々がご参加なっておられました。その時に私もブルーリボンを頂きました。

96 神奈川 60代〜 男性
世のなかには悲しい出来事や不幸は数知れずあります、かっての戦争や近日事故で家族を失う悲しさも計り知れませんが横田夫妻のような悲しみはこの世にあってはならない事実です、一刻も早く解決しなければなりません、時間がありません今こうしているあいだも時は過ぎてゆきます、誰かがやるのではなくあなたが先頭に立ち、政治生命を、いや自分の命を賭しても国民のために役立とうとは思いませんか、それが真の政治家と国民は願っています。